2017年3月22日水曜日

読書3 安心老後をつくるマンション投資の教科書

図書館の返却棚においてあった本
不動産とかあまり興味ないが、読んでみました。

どうやって安心老後なんだよ・・って思ったのですが・・・

入居率の高いマンションを団信つきのローンで買って運用する

ってことみたいです。

・団信があるので自分が死んでも遺族に資産が残せる
・高額な生命保険と同等の投資で可能
・マンションの寿命は50年ぐらいある。老後の為の年金として使える
・ローンは、比較的安くできる

なるほど・・・・ そういう考えもありますな


賃貸か、購入かをちょいと考えてはおります。
転勤もあるし、将来のこともあるので、購入ってどうなんだろう
って考えてました。
転勤の際は、投資物件として運用するって考えたら、悪くないのかもしれませんね
当然ですが、賃貸暮らしになるとは思いますが・・・

貸し出しやすいマンションの条件としては・・・
・ワンルーム(面積の利益率が高い)
・人口超密集地 駅近徒歩10分(東京、千葉、埼玉とのこと)
・新築、新古
・セキュリティが最新(オートロック)
・ウォシュレット、クーラー(わかる気がする・・・)
・ベーシックなデザインの部屋
・ちょっときれいな玄関
・女子が納得する 

なるほど・・・勉強になりました。
もし、貸出を視野に入れての購入ならば、この条件を満たすマンションにすればいいかもしれませんね。

問題点としては・・
高級なんで自分が住むには少々割高になり、生活費が圧迫されるってことです。
貸さないと、ただの贅沢なんで(笑)

金が無くなったり、仕事を退職したら、地方の安アパートに引っ越して、高級(?)マンションは賃貸にしてしまうという選択肢があるのは魅力かもしれません。一つの戦略としては面白いかと思います。

団信に入るとはいえ、巨大な借金を抱えるのは事実です。(特に自分が最初に住む場合は・・)冷静に考える必要があります。この本に書かれているのは、あくまで自分の家がある人で、追加で投資用マンションってことですから。


そのほかに、不動産業者に委託する際のアドバイスなどがありました・・・
アマゾンで中古で1円で売っていました。興味があれば、どうぞ
要点をうまく吸収できてしまったので、購入には至りませんでしたが、うまくまとめられており、おもしろい本でありました。

0 件のコメント: